アルコールを摂取すると、アルコールを分解するため、肝臓の働きが活発になり、不要分は体外へ排出されますので、どうしてもトイレが近くなってしまいます。 アルコールを摂取しても、特に尿漏れしやすくなるということはありません。 でも、トイレが近くなってしまいますし、酔いが回って感覚が鈍っている場合などには、尿漏れを起こしてしまうケースもあります。 アルコールの摂取が直接尿漏れに関係しているわけではありませんが、結果的には尿漏れの原因になってしまっている場合もありますので、飲みすぎには注意した方がいいですね。 適度のアルコールの摂取は、ストレス解消になり、体に悪影響を及ぼすことも少ないと言われています。 しかし、大量の摂取は肝臓の働きを低下させてしまいますし、トイレの回数も多くなりますので、膀胱に負担をかけてしまうでしょう。 それに、接待の場などでアルコールを摂取し、尿意を感じても我慢しなければならないという時には、尿漏れに注意することが重要です。